全国百貨店売上高ランキング ベスト50!


百貨店売上高推移

こんばんは。大陽リアルティの辻です!

先週までの寒さはピークを過ぎて、

今週は比較的暖かかったですね。

京都市内では最高気温が10℃を超える日もありました。

夕暮れも徐々に遅くなってきているように感じます。

 

 

2016年の百貨店売上高、6兆円割れ=36年ぶり、ピーク比4割減

さて、時事通信社より気になるニュースがありました。

【図解・経済】百貨店売上高の推移:時事ドットコム

百貨店の売上高はピーク時の1991年から減少傾向で、

昨年の集計ではついに6兆円を割ってしまったとのこと。

 

グラフを見ると、百貨店売上高は1980年以降、順調な伸びを続け、

1991年でピーク、その後1995年まで減少するが、1997年~1998年と持ち直し、

それからはずっと減少傾向で、2009年に大きく下がった後、横ばいが続いている状況です。

 

一点意外だったのが、ここ数年のインバウンド需要が百貨店業界には全く反映されていなかったことです。

あるいは、インバウンド需要があったおかげで横ばいを維持できたが、

それが無ければ、大きく売上を落としていたのかもしれません。

 

とにかく、ピーク時の4割減という業界規模の縮小に対して、

日本百貨店協会の近内哲也専務理事は

「これ以上縮小すると、(百貨店の)成立が厳しくなってくる」

と指摘されています。

 

百貨店店舗別の売上高

とはいえ、テナントの仕事をしていると百貨店の存在は大きく感じます。

多くの仲介業者は、百貨店や駅ビル、商業施設の仲介は

することがないので(=情報が回ってこない)、

ライバル、というよりは雲の上の存在といったものです。

実際、店舗経営者の方に伺っても、

出店は百貨店・商業施設のみ、路面店はNG、という会社が多いです。

 

全国百貨店売上高ランキング

京都で百貨店と言えば、高島屋京都店・大丸京都店・JR京都伊勢丹・藤井大丸などがありますが、

いったい売上はどれぐらいのものなのでしょうか??

そして、全国の百貨店で最も売上げているのはどこなのでしょうか??

 

出典:最新版!2016年 全国百貨店 店舗別 売上高ランキング!

50位~41位

順位 店舗名     売上高   対前年比

50位 伊勢丹立川店   373億円(-3.0%)

49位 小田急町田店   375億円(-0.6%)

48位 京急百貨店    391億円(-2.2%)

47位 東武船橋店    400億円(-1.3%)

46位 松坂屋上野店   415億円(-4.0%)

45位 伊勢丹浦和店   418億円(-1.0%)

44位 西部渋谷店    423億円(+5.4%)

43位 高島屋玉川店   429億円(+1.1%)

42位 そごう広島店   431億円(+0.2%)

41位 藤崎百貨店    431億円(-0.3%)

⇒首都圏の店舗が多くみられます。

 

40位~31位

40位 博多阪急     438億円(+3.7%)

39位 山形屋      446億円(-2.4%)

38位 井筒屋本店    455億円(-2.2%)

37位 名鉄本店     461億円(-1.2%)

36位 天満屋岡山本店  465億円(-3.3%)

35位 そごう神戸店   467億円(+1.5%)

34位 京阪守口店    510億円(-3.0%)

33位 福屋八丁堀本店  515億円(-1.7%)

32位 大丸福岡天神店  567億円(-1.2%)

31位 鶴屋百貨店    576億円(+3.9%)

⇒全国各地の中核都市の店舗が目立ちます。

 

30位~21位

30位 阪神梅田本店   589億円(-17.7%)

29位 大丸札幌店    627億円(+2.2%)

28位 大丸梅田店    652億円(+2.1%)

27位 そごう千葉店   680億円(-0.3%)

26位 大丸京都店    700億円(-0.5%)

25位 高島屋新宿店   704億円(+3.7%)

24位 大丸東京店    731億円(+4.3%)

23位 岩田屋本店    739億円(+5.7%)

22位 松屋銀座本店   764億円(+18.1%)

21位 京王新宿本店   787億円(+1.6%)

⇒大丸京都店が26位にランクイン!

 

20位~11位

20位 名古屋栄三越   791億円(+1.4%)

19位 JR京都伊勢丹   801億円(+1.3%)

18位 大丸神戸店    850億円(-1.1%)

17位 三越銀座店    852億円(+14.6%)

16位 高島屋京都店   859億円(+1.8%)

15位 大丸心斎橋店   910億円(+7.8%)

14位 東急渋谷本店   918億円(+3.0%)

13位 小田急新宿本店  949億円(+2.4%)

12位 東武池袋本店  1,019億円(-3.1%)

11位 あべのハルカス近鉄本店 1,026億円(-1.0%)

⇒19位JR京都伊勢丹、16位高島屋京都店

京都は人口規模の割に、百貨店売上高は上位にあると言えます。

 

10位~1位

10位 そごう横浜店  1,142億円(+1.1%)

9位 松坂屋名古屋店 1,248億円(-0.6%)

8位 高島屋大阪店  1,276億円(+4.2%)

7位 JR名古屋高島屋 1,301億円(+3.2%)

6位 高島屋横浜店  1,320億円(-2.1%)

5位 高島屋日本橋店 1,366億円(+5.2%)

4位 三越日本橋本店 1,683億円(+1.7%)

3位 西武池袋本店  1,900億円(+1.4%)

2位 阪急うめだ本店 2,183億円(+10.4%)

1位 伊勢丹新宿本店 2,724億円(+5.4%)

⇒1位は伊勢丹新宿本店でした。

一日の売上7億円以上という圧巻の数字。

2位以下とも大きく差を付けています。

上位には高島屋が多く入っています。

 

今年以降の百貨店業界の動向は要注意です!

百貨店売上の減少は、近隣路面店にとってプラスとなるのか、マイナスとなるのか。

また、百貨店の閉店という大事故が京都でも起こるのか??

これからの動向に注目です!

 

 

 

 

 

 


SNSでもご購読できます。