京都府と京都市でも同じ問題がある。

昨日は、大阪市長・大阪府知事の選挙がありました。

独裁者を公言する橋下氏率いる維新の会が圧勝という構図ですね。

悪い見方をすると、府民や市民は、独裁者を選んだのか、と見ることもできますが、

単純に見ると、他の候補が弱すぎたのではないでしょうか。

大阪出身ではないので、詳細なマニフェストまでは知りませんが、聞いたり見たりした範囲で、

対抗馬の政治理念が見出せなかったため、の一言に尽きるのでは?と思います。

橋下さんに投票しなかった人達も、単純に橋下さんの主張について行けないか、その主張に反対だから。

という理由も多かったみたいです。

とにもかくにも、大阪はこれで生まれ変わるでしょう。

今のこの閉塞感溢れる世界を変えるには、独裁者は必要。

やりすぎると末路はすざましいものになりますが。。。

京都も、府と市で重なり合う行政サービスがあるはずです。

決して、「都」にする必要がありません。

ってか、京「都」なわけで、すでに「都」なわけですが(笑)

行政のスリム化・効率化は、歓迎すべきことだと思います。

これから先、大阪の動き次第で、全国にいろいろな動きが出る予感。

少し期待してみたいなと思います。

本日は、丸毛が担当しました。

 

こちらもおすすめ