close

075-256-6161

貸店舗を探す

事務所を探す

地図から探す

仲介実績

物件オーナー様へ

プレスリリース

トピックス

会社概要

お問い合せ

京都で貸テナントや貸事務所を
お探しなら株式会社大陽リアルティにお任せ下さい
tel.075-256-6161

MENU

貸店舗を探す 事務所を探す
地図から探す 仲介実績

その他

2013年02月22日
事故にはご注意を。

先日、信号待ちをしていると、急ブレーキの音とともに倒れこむ自転車を目撃しました。

私は逆方法でしたので、特に何かができるわけでもなく、見学するしかなかったのですが、その時の状況をお伝えすると、、、

①車は青信号で右折。

②自転車は青点滅の時点で横断歩道へ侵入、中央分離帯を越える頃には赤信号になっていた。

③中央分離帯は、JRの高架のため、太い柱があり、視認性は悪い。

という状況。

車からすれば、中央分離帯の太い柱が死角となり、自転車の人を発見できなかったのでしょう。

自転車からすれば、点滅とはいえ青信号だったため、急げば間に合うという感覚だったでしょう。

まぁ、右折だったので、スピードもあまり出ておらず、恐らくは大事故にはなっていないと思います。

そして、車側の事故後の対応を見ていると、自転車にぶつかった感覚もなかったかも知れません。

ちなみに自転車に乗っていたのは小学生でした。

自転車は、最近便利になりました。性能的にも向上しています。

ですが、事故を防ぐのは自転車本体ではなく乗っている本人です。

小学生であれ、大人であれ、最低限のマナーとルールを知った上で運転しないと、危険だと思います。

「車が止まってくれるだろう」と思っていると、事故が発生してしまいます。

度々、当ブログでも自転車マナー等について記載してまいりましたが、

同じ自転車乗りとして、「自分が事故に遭遇しないために」できることをしましょう。

ちなみに、車は決して止まってはくれません(笑)

僕は、そういうときは必ず運転手の顔を見るようにして、目があえばほとんどの場合止まってくれます。

運転手も交差点等の見通しが悪い場所だと、普通は左右確認しますから。

運転手の顔をみても目が合わない=周りをみていない運転手なので、

その場合は、自分から止まるようにすれば、事故には遭遇しません。

もちろん、赤信号を無視するのは、絶対だめ。

事故は、加害者も被害者も苦しいものです。

自分が事故を起こさない+事故に遭遇しないためには、自分自身の心掛けしかありません。

そういって、私も事故らないように注意せねば。

久しぶりの更新がこんな内容になっちゃいましたが、これからも京都テナントプラスをどうか、よろしくお願いいたします。

本日は、丸毛が担当しました。

一覧に戻る

新着記事
月別アーカイブ
カテゴリ一覧
    以前の営業ブログはこちら トピックス オフィス選びのポイント 物件のオーナー様へ 仲介実績
事業用・テナント仲介専門 大陽リアリティ事業用・テナント仲介専門 大陽リアリティ
〒604-8141
京都市中京区蛸薬師通高倉西入
泉正寺町334番地 日昇ビル4階
TEL:075-256-6161
FAX:075-256-6162
京都の貸事務所・貸店舗・テナント
仲介専門「京都テナントプラス」
会社概要アクセス
075-256-6161
ページ上部へ戻る