close

075-256-6161

貸店舗を探す

事務所を探す

地図から探す

仲介実績

物件オーナー様へ

プレスリリース

トピックス

会社概要

お問い合せ

京都で貸テナントや貸事務所を
お探しなら株式会社大陽リアルティにお任せ下さい
tel.075-256-6161

MENU

貸店舗を探す 事務所を探す
地図から探す 仲介実績

その他

2013年04月09日
弱点を「ヒット」に変える。発想の転換と戦略。

最近、一人暮らしや共働きの家庭では、「カット野菜」なるものがブームです。

とにかく安定した量で、安定した内容で、安定した価格で、使いきれる。

カット野菜の魅力は上記の通り。

安定した量は、料理の計算がしやすい。たとえば丸ごとキャベツを1玉購入しても、その大きさはピンきりで、多少なりとも量に差が出る。

安定した内容は、基本的に一定の農家や企業と提携してカット野菜を製造しているので、安心感が得られる。

そして、安定した価格は、野菜が高騰しても、基本的に変わらない価格で提供しているので、財布にも優しい。

当然、カットしている分、加工費や係る人件費等は係るので、割合で言うと割高になります。しかし、余らせて捨てることを考えれば、さほど変わりないと考えます。

サクッと変えて、そのまま利用できる。手間がかからず、使いきれる。

そういったわかりやすい売り方が、ブームのきっかけではないでしょうか。

ただ、いいことばかりではないのも事実です。

やはり「割高」というのは捨てきれず、そして「陳列できない」野菜を使っているというダークなイメージもあります。

確かに、「陳列できない訳あり商品」をカット野菜として売り出しているところもあるでしょうが、最近はその流れも代わり、「カット野菜」のために農家と契約している企業もあります。

割高というのは、係る経費を考えると仕方ないですが、使いきれるというのは魅力ではないでしょうか。

人によっては少ないと感じるかもしれませんが、個人的には十分な量だと思います。

変に安いけど量が多いものを買って、結局使いきれず腐らせる、なんてことは多いと思います。

そう考えると、「もったいない」意識が高い日本人にとっては、単に安いというだけではなく、「エコ」という意味でも、使い切りサイズというのが利用されやすいものなんだと思います。

割高=不要な部分をカットし、使いきれるというメリットをねん出。

陳列できない商品というイメージ=一定の農家・起業との提携で、専用に取り扱うことで負のイメージをねん出。

→生鮮食品であるため、ありがちな物価の変動がなく、常に一定の条件で提供できるというメリットを生む。

大きくいうとこんな感じですかね。

簡単にいうと、「割高」という弱点を上手く利用し、そこからヒット商品を生み出す。

企業努力というのはものすごいことだと感じました。

長年続いた不景気で、打撃を受けた中小企業でも、発想の転換で生まれる可能性があるわけで。

当然、それだけに頼るとしんどくなるわけですが、何かそういう発想ができるように、

常に頭をフル回転させて、ふとしたときに思いつければと思っております。

案外、ふっと気を抜いた時にひらめきってでるものですからね。

でも、気を抜きすぎたら戻すのも大変ですから、お気をつけください(笑)

本日は、丸毛が担当しました。

一覧に戻る

新着記事
月別アーカイブ
カテゴリ一覧
    以前の営業ブログはこちら トピックス オフィス選びのポイント 物件のオーナー様へ 仲介実績
事業用・テナント仲介専門 大陽リアリティ事業用・テナント仲介専門 大陽リアリティ
〒604-8141
京都市中京区蛸薬師通高倉西入
泉正寺町334番地 日昇ビル4階
TEL:075-256-6161
FAX:075-256-6162
京都の貸事務所・貸店舗・テナント
仲介専門「京都テナントプラス」
会社概要アクセス
075-256-6161
ページ上部へ戻る