3.11 思うこと。

あれから3年。それでも元に戻れない現実。

東日本大震災から3年。津波の影響や原発事故により、未だに復興のめどすら立たないエリアもあります。

都会と言われ、比較的復興の早かった神戸でも、人口流出は防ぐことができず、街として活性化したのは時間がかかりました。

広範囲に広がる、東北の復興は、まだまだ途上。それは、つらい現実が続くということです。

住んでいた街に戻れない。やっていた仕事ができない。

そして戻らない時間。

時間がたてば、つらいことなんて忘れるなんて言葉。あれって嘘です。

たてばたつほど、より深く、つらくなっていきます。

私自身、阪神淡路大震災の時の様子は、未だに鮮明に覚えています。

地震なんて、いつ起こるか分かりません。

だからこそ、今を精いっぱい生きていくんですね。

古くから都がある京都であっても例外ではありません。

大震災と呼ばれる巨大地震も、いつくるか分かりません。

体験した経験は、決して無駄にはならないし、防災という意味で普段の生活において忘れそうなことを思い出させる大切な日だと思います。

備えあれば憂いなし。

この備えで一番重要なのは、「気持ち」だと思います。

忘れず、途切れず、そしてあわてず。しっかり守っていきたいと思います。

本日は、丸毛が担当しました。

こちらもおすすめ