京都の皆様、あけましておめでとうございます。

img_4532

京都の夜明けぜよ。2017年もよろしくお願い致します。

いつも、京都テナントプラスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

新年一発目、2017年の営業ブログは、私、丸毛が担当させていただきます。

2016年は皆様にとってどんな一年でしたか?自分自身はまぁまぁ不甲斐ない一年でもありましたので、今年こそ、去年の失敗や経験を活かして、大きく成長する一年にしたいと思っております。

年初めというのは、こういった決意を語れる唯一の時だと思います。

長いようで短い一年。有限である時間を、いかにうまく使うか。どんな商売であれ、これに尽きると思いますね。

学生の頃は、ものすごく1年が長かったです。あまり好きではない勉強(テスト)のために、時間を費やしても、時計の針は進まない。でも、提出間近の課題などをやっているときは、あっという間に時間が過ぎていく。。

なんてまぁ不条理なんでしょ!っと思ったことたくさんあります(笑)

1日24時間、365日。合計8760時間しかありません。

なんやかんやいって、すでに3日すぎて、残りは4/365。

やりたいことやしてみたいことなどを考えると、今を生きている一分一秒の大切さに気付くと思います。

今年は、そういった一分一秒を無駄にせず、毎日を過ごしていきたいと思っています。

正月休みの是非、日本人は働くべきか。

年末年始と、家族や恋人と過ごされた方もおられる一方、当社の取引先でもある飲食店企業やオーナー様にとっては正月は一番の稼ぎ時という方もおられます。

年々、年末らしさや正月らしさも薄れて行ってはいますが、日本の文化でもあるので大切にしたいと思う一方、スーパーや百貨店等、お店にとっては毎年決断を求められるのは、正月にお店をオープンさせるかどうか。

ネットニュースでも話題にはなりましたが、ほんと双方の意見があるので、答なんてでないとは思いますが。。

正月はおうちで家族とゆっくりと。

子供の頃、これが普通だったのが今では違いますね。

これも時代の流れでしょうか。

特に京都は、日本でも有数の観光地でもあるため、年末や年始は観光客も多く、一般の方と合わせて非常に多くの人が集まる時期でもあります。

そうなると、せっかく観光客がいるのに、お店を閉めておくのはもったいない!と思うのも人情です。

ただ、正月くらいゆっくりさせるべきという意見もまた、人情です。

経営者は、このジレンマに悩まされます。

サービス業だからといって、正月を休んではいけない理由はありません。会社とはいえ、それを支えるのは従業員。そしてその従業員を支えるのはその家族です。

従業員の気持ちも汲む一方で、会社として利益を出す必要もあるわけで、非常に悩ましい問題です。

結婚もしていない、子供もいない等、特に本人に働くことに抵抗のない人にとっては、逆に稼げるチャンスととらえることもありますし、恐らく、今後もずっと続いていく問題かなと思います。

ただ、一つ言えること。

これは、ただ単に、会社も休み関係なく働かせているわけではないということです。

なかにはゆっくり海外旅行したいという人もいるでしょうし、正月休みを意図的にずらして休みが欲しい人もいます。そういう人との共存共栄という意味では、会社も利益を出せる分、オープンさせるのもありだと思います。

人の働き方が変わってきたこの時代。

こういった問題がでるのも、時代が変わってきたと思う瞬間でもありますね。

京都という街を今年活性化させたい!

というわけで、今年一年がはじまりました。

京都のテナント仲介という仕事をしている以上、やはり願うのは京都の商売繁盛。皆様のお仕事の商売のお手伝いをできることにつきると思います。

今年も、たくさんの人の笑顔が見たい。それに向けて、当社としてもたくさんの仕掛けをしていきたいと考えています。

新しい物件情報もそうですね。

是非とも、今後とも、お付き合い頂ければと思います。

今後とも、何卒、宜しくお願い致します!

こちらもおすすめ