京都の府道ベスト5!1位はやっぱり143号♪

府道2号

こんにちは!大陽リアルティの辻です。

 

いよいよG★W~ゴールデンウィーク~に突入ですね!

今年のGWは最長で4月29日から5月6日までの9日間。

9日間の連休なんてもう長いこと経験してませんが、

もし叶うなら北海道に飛び、いまだ制覇していない重要国道を完走したいものです。

 

ちなみに北海道にある旧一級国道は、

 

国道5号:函館市~札幌市中央区

国道12号:札幌市中央区~旭川市

国道36号:札幌市中央区 – 室蘭市

国道37号:山越郡長万部町 – 室蘭市

国道38号:滝川市 – 釧路市

国道39号:旭川市 – 網走市

国道40号:旭川市 – 稚内市

国道44号:釧路市 – 根室市

 

以上、計8路線。ルートとしては、

函館⇒5号⇒札幌⇒12号⇒旭川⇒40号⇒稚内⇒238号(オホーツク海沿い!)⇒網走⇒39号⇒旭川⇒12号⇒滝川⇒38号⇒釧路⇒44号⇒根室⇒any⇒札幌⇒36号⇒室蘭⇒37号⇒長万部⇒5号⇒函館

といった感じでしょうか。2泊か3泊の行程となりそうです。ワクワクしますね♪

 

・・・そんな夢はさておき、今年もカレンダー通りにGWを過ごします。

1週間に祝日が3日もあってラッキー(/・ω・)/

 

京都府道(個人的)ランキング。注目の1位、2位は??

前回のブログで第3位までを発表しております、京都府道(個人的)ランキングベスト5!

京都の府道ベスト5!32号、37号、38号がいいね♪

 

38号⇒堀川通、37号⇒御池通、32号⇒河原町通に注目が集まりました。

これら京都でも相当に重要な道路を押しのけて、1位、2位に輝いた道路とは・・!?

 

府道40号

第2位 京都府道40号下鴨静原大原線

完全に個人的な好みです。

国道367号とは別に京都市内から左京区大原へ向かうもう一本のルートが府道40号です。

GWや夏休みなど国道367号が渋滞するときに便利な抜け道となります。

実際は、府道38号(堀川通)・加茂街道から市原バイパスを経由し、

市原バイパス以降、府道40号を通るルートが多いのではないでしょうか。

 

なお、京都市内から滋賀北部・福井県方面へ向かう主なルートは、

国道161号(湖西道路)、国道367号、府道40号があり、

普段の流れがスムーズな時は国道161号が最も早いですが、

161号は大渋滞することが頻繁にあるので、その様な気配を感じたときは、

国道367号へ、さらに367号も渋滞してそうなら府道40号へと使い分けが可能です。

ただし、道中の「江文峠」はV字カーブが2ヶ所ある山道で、

また「静原」付近ではスピード違反の取り締まりをしていることが頻繁にあるので要注意です!

 

起点:京都市左京区下鴨本町(下鴨本通北大路交差点=国道367号交点・府道32号起点)

終点:京都市左京区大原大長瀬町(=国道367号交点)

経路:下鴨本通北大路交差点⇒下鴨本通⇒下鴨本通北山交差点⇒北山通⇒下鴨中通北山交差点⇒

鞍馬街道⇒二軒茶屋⇒市原交差点⇒静原⇒江文峠⇒大原大長瀬町

 

府道143号

第1位 京都府道143号四ノ宮四ツ塚線

そして栄えある第1位は・・・

「京都府道143号四ノ宮四ツ塚線」です !(^^)!

「府道四ノ宮四ツ塚線」の名称は京都の人なら良く聞いているかもしれません。

ラジオの道路交通情報で、しょっちゅう渋滞している路線です。

 

1つの路線の中でも、山科区の三条通(特に外環状線付近)、東大路通の四条から五条など

複数の箇所で渋滞が多発しています。

 

かつて、五条バイパスが出来るまではこの路線が国道1号だったそうです。

今の状況にさらに国道1号の交通量が流れ込んできたとしたら・・

考えるのも恐ろしい渋滞になりそうですね(+_+)

 

なお、山科から京都市中心部へのルートは、五条通と三条通のみで、

どちらも容量が既にいっぱいに近い状況。

これに対して、2018年度以降、阪神高速京都線「新十条通」を

京都市に移管して無料化することが決まっています。

 

起点:京都市山科区四ノ宮鎌手町(五条バイパス上=国道1号・8号交点)

終点:京都市南区四ツ塚町(京阪国道口交差点=国道1号交点・府道114号終点)

経路:山科区四ノ宮鎌手町⇒三条通⇒東山三条⇒東大路通⇒九条通⇒京阪国道口

 

府道は「32,37,38,40,143」

前回と今回で重要な府道を5本挙げました。

これからは、堀川通を府道38号、河原町通を府道32号、なんて言えると

相当な京都通だと思われること間違いなしです。

道案内の際も、国道1号から道なりに府道38号に、府道37号を右折した後、

府道38号を左折して国道367号を右折、なんて言うと完璧ですね♪

 

さらに次回作は、

「主要地方道に指定されている京都市道」特集を考えております。

 

宜しくお願い致しますm(__)m

 

こちらもおすすめ