close

075-256-6161

貸店舗を探す

事務所を探す

地図から探す

仲介実績

物件オーナー様へ

プレスリリース

トピックス

会社概要

お問い合せ

京都で貸テナントや貸事務所を
お探しなら株式会社大陽リアルティにお任せ下さい
tel.075-256-6161

MENU

貸店舗を探す 事務所を探す
地図から探す 仲介実績

トピックス

京都の観光地に人が戻ってきました。

2020.09.26

2020年4月に全国で緊急事態宣言がが出され、京都においては町や観光地から人が消えました。

それから、約5ヶ月。

その間にも少しづつ改善の兆しもありましたが、9月19~22日の連休で人出が戻ったように感じます。

 

「go to キャンペーン」の恩恵もあったのでしょう。

ホテル等の宿泊施設も当日予約含め、久しぶりの繁盛ぶりだったようです。

連休で遠出したい。

ほとんどの人がだいぶ我慢をしていたと思います。その反動もあったかと思います。

それでもやはり、観光客がいると活気があっていいですね!

 

とあるニュースでは、嵐山の観光客が先週比で3倍以上だったそうです。

そしてそれは、全盛期の観光客数とさほど変わりないとのこと。

実際、京都の出入り口である、名神高速京都南出口界隈は想像を絶する大渋滞でした。

このままの勢いで続いてくれると嬉しいのですが、、、どうなるでしょうか。

お店が繁盛してこそ、街が活気良くなっていくというもの。

そこには「マンパワー」は不可欠です。

 

知り合いで、とある神社に努めている人も言ってました。

「昨年と変わらない人出」だと。

ここ数ヶ月の流れで出勤者数も調整していた手前、たいそう忙しかったそうです。

神社などの観光受け入れ側もある意味、いい意味で想定外だったようですね。

 

IT化と叫ばれています。

実際、京都は大学や専門の研究機関や関連企業なども多く、京都はITの街でもあります。

でも、どれだけITが進もうとも、マンパワーには勝てないように感じます。

実際の「活気」。現実の「雰囲気」。

それを感じられるのは、やはり「ライブ感」なんですよ。

そこに「行く」ということも旅行のだいご味ですね。

皆様も、ぜひ京都へ。ここ数年外国人多数で来れなかった人にはチャンスです!

そして、国の指針に従い、感染症予防もお願いしますね!

 

そうそう!あとこれが一番大事(笑)

当社では、観光地の物件を取り扱っています!

この機会に出店をご検討されてはいかがですか?

少し前まではまったく空き予定のなかったエリアでも希少価値のある物件がでてきてますよ!

ぜひご相談ください!

 

本日は、丸毛が担当しました!

一覧に戻る

ページ上部へ戻る